コピーライティングを学んでも稼げない人の「最大の思い違い」とは!?

アフィリエイト 稼げない 対策

康太です。

 

ネットビジネス界隈でよく聞く言葉に、

「コピーライティング」

というものがあります。

 

「コピーライティングは、ネットビジネスをやるなら必須だ!」

と、よく言われるわけですが、

その意見自体に僕もあまり異論はありません。

 

ですが、

コピーライティングというのは、

「これさえ学べば稼げる!」

とか、そういうものじゃありません。

 

よく、

「コピーライティング系の商材」とかが世間に出回ってるわけなんですが、僕は基礎的な文章力やビジネスの知識すら身に付いていない人にコピーライティング系教材は勧めたくありません。

 

むしろ僕は、ホワイトにちゃんとブログの収益化を目指す人ほど、コピーライティング「だけ」学ぶのはかなり危険だと考えています。

 

コピーライティングだけを学んでも稼げないのは当然!

コピーライティングとは「煽る」文章テクニック

そもそもコピーライティングというのは、僕なりに簡潔に一言で表現するならば、

「煽る文章テクニック」

(購買意欲や行動意欲を駆り立てること)

なんですよ。

 

勘違いしてはいけないのですが、

僕らが普通に誰かに文章で何かを伝えたり教えたりする「文章力」というモノと、「コピーライティング」というモノは、似て非なるものなんです。

 

で、情報発信で稼ぎたい人が学ぶべき優先順位で行けば、圧倒的に

基礎的文章力>>>>>>コピーライティング

なんですよ。

 

要は、「コピーライティング」というのは、

「最低限、自分の文章で自分の言いたいことを相手に伝えられる」

という基礎的な文章スキルがベースにあってこそ使いこなせるものなんです。

 

煽りだけの文章とは、売れない上に敵を量産し、詐欺師のレッテルを貼られる・・・

じゃあ、基礎的な文章力もない状態でいきなりコピーライティングばかり学ぶとどういうことになるか。

 

「煽り」だけが無駄に充実した、読んでいて非常に不愉快でウザい文章の出来上がりです。

 

簡単に例を出しましょう。

 

「この商品はすごいと思いました。自分も買ってしまいそうでした。

このチャンスを逃せば二度と買えないし、幸運の女神は後ろ髪がありません。

人生逆転のためには、普通のことをやっても成功できません。

この企画で大成功して、周りを見返してやりましょう!!

だからあなたも買うべきだと思いました。」

 

・・・と、煽りだけを全力でぶち込んだ文章とは、こんな感じの、気持ちの悪い感じになるわけでして(笑)

 

あるいは、ここまで稚拙な文章じゃなくても、

「全然こいつのこと好きになれそうもないし、嫌味で刺々しい文章ばかり。信憑性も全くない、でもなんか行動や自己投資だけは煽ってくる」

みたいな人は割と多くいますね(笑)

 

これも、「煽り=コピーライティング」だけを取り入れて、他のことは一切考慮しないことの弊害ですね。

 

の例でもお分かりのように、「コピーライティング」だけを学んでも稼げない人というのは、逆説的ですが、「コピーライティングだけ」を学べば売れる、と思ってることが大きな問題なのです。

 

違いますからね。

 

コピーライティングというのは、何度も言いますがあくまで「煽る」ための技術であって、そもそも人があなたから商品を買ってくれるために必要な要素とは他にもいっぱいあります。

 

「信頼構築」

「説得力のある話し方」

「読者を元気づけてファン化する力」

 

・・・もっと言えばこれです。

「最低限、言いたいことを相手に文章で伝える能力」

 

これがなきゃまず話にならない。

 

これらは、「コピーライティング=煽る技術」だけをいくら学んでも、まず身に付きません。

 

別でちゃんと身に付けないといけません。

 

そこを勘違いしてしまうと、

「言いたいことは伝わらない、読む人にはひんしゅくを買うような質の低い情報、なのに煽りだけはしてくる文章」

要は、基本的な調理もロクにできないくせに激辛スパイスだけをぶち込んだ料理のような危険物になります。

 

こんなんだったら、むしろコピーライティングなんて使わない方が状況的にはマシだったまでありますよね(笑)

 

というか、「コピーライティング」を使わずとも、

「基礎的な、相手に情報が正しく伝わる文章力」

「読み手に自分を信頼させる文章を書ける力」

 

これさえ身に付いていれば、「コピーライティング的な煽り」なんて、わざわざ教材で勉強するほどのこともないと最近僕は思ってます。

 

最低限の「プッシュ」「押し」さえ適度に使いこなせれば、もっと平和に商品を売れるようになるものですよ。

 

コピーライティングで煽って売れても、その先にあるのはロクなもんじゃない

煽って売るってことは、煽られれば買っちゃう(そしてすぐ心変わりして詐欺詐欺言い出すw)タイプの人や、煽ってもらわないと行動しない受け身で他人任せな体質の人が多く集まっちゃうことにもなるんです。

 

もちろん、ネット上は沸点の低い人、自分の人生をよりよくする努力はしないけど、他人の足を引っ張ったり批判することには異常なまでの行動力を発揮できる人達がいっぱいいて、そういう人達のターゲットにもされやすくなります。

「煽りの強い人」というのはね。

 

まあでも、イ●ハヤにしても、ちょっと前に炎上したヒ●ルにしても、Y沢にしても、世間的には煽ってる側こそが「加害者」とみなされるのであり、そこに少しの同情も共感も期待はできません。

 

売れない、稼げない、好かれない、逆にいらぬ不安とストレスの元だけが増える。

 

最悪ですよね、そんなの(笑)

 

こういうわけで、使い方を誤った煽り=コピーライティングとは、ただ敵を量産するだけの「劇薬」であり、なんの意味もなさないのです。

 

まず大事なのは

「信頼」であり、「価値提供」であり、「ファン化」であり、

そしてすべての文章テクニックのベースに存在する

「言いたいことをきちんと伝えられる文章力」

なのです。

 

そこを勘違いしてはいけません。

 

コピーライティングだけでは「集客」ができない

もう一点。こっちはより具体的かつ明確な問題。

 

コピーライティングではカバーできないもう一つの課題・・・

 

それは

「集客」

の問題です。

 

たとえばです。

 

僕の新メルマガは、現在成約率が20~30%くらいあります。

 

だから、10人でも人を集めれば、4~5万円の商品が2~3本は売れる計算です。まさに「高単価で殴る」の真骨頂。

 

しかし、もし僕のブログアクセスやメルマガの登録数が

「0」

だったとしたら、どうなるでしょう?

 

いや、どうなるでしょうっていうか、当たり前ですねw

 

いくら成約率の高い自慢のメルマガやセールスレターがあったところで、誰にも読まれないんですから、

一銭たりとも稼げやしません。

 

現実は非情である・・・

 

「良いものさえ書いていれば、良い商品さえあれば、勝手に認知されて買ってくれるようになる」

 

なんていう考え方は、ビジネスで稼いでいくなら捨てなきゃなりません。

 

ブログ集客でも、youtube集客でも、ツイッター集客でも、なんでもいいので自分に合う集客方法を、ライティングを磨くのとは別に探すべきでしょう。

 

コピーライティングを学びたい(学んでいる)人に伝えたいこと!

今コピーライティングを学んでいる人、これから学びたい人、すべての人に伝えておきたいのは、

「コピーライティングより先に学ぶものはあるはずだよ」

ということです。

 

基礎的な文章が書けるのであれば、次はちゃんと読者さんに価値提供したり、信頼を高めるような情報発信を心がけること。

 

信頼があれば、最悪煽らなくたってお金は稼げますからw

⇒ファン化ライティングの極意!明日からできる「濃いファンを1日最低1人」生み出すテクニック

⇒共感や嫌味のない文章で確実にファンを増やすファン化ライティングセミナー

(↑メルマガ読者が一定条件を満たすと観られる動画です)

 

 

そして、基礎的な文章力にすら自信がないのであれば、まずはコピーライティングではなく、そっちを学ぶべきです。

⇒ネットビジネスに必要なライティングを一本で学べる康太イチオシの教材

 

言いたいことが伝わらないんじゃ、情報発信はできませんからね。

 

もちろん、これらはそういう人をディスってるわけじゃないんですよ。

 

誰にだってスタートラインの違いはあるし、僕だってブログを書き始めた当初は完全な初心者であり、なんど師匠達からダメ出しを食らいまくったか分かりません。

 

スタートラインが重要なのではなく、ちゃんと稼げるラインにまで自分のレベルをゆっくりでも引き上げていけばそれでいいんです。

 

競争じゃない・・・は言い過ぎですが、期限がガチガチに決まった会社業務の出世競争よりはヌルい世界です。

 

不安に思ってしまったなら敢えて言いますが、キーボードすら打てない、文章なんか書いたことのない人ですら稼げるように成長できたんですから、頑張れば誰にだって出来るはずなんですよね。

 

・・・で、これらの

「基礎的な伝わる文章力」

「信頼を得られる行動やマインド、文章の書き方」

いずれもできている人が、最後のスパイスや押しとして使うのが「コピーライティング」なのです。

 

 

とにかく、今からネットで稼ぎたい(特に文章を使う)人は、コピーライティングをいきなり学ぶとかではなく、まず今の自分のレベルを把握しておきましょう。

 

そして、

今の自分に「コピーライティング」がホントに必要なのか・・・

コピーライティングばかり学んで他が疎かになってないか・・・

 

そういうことも是非考えてみてくださいね。

 

頑張りましょう!

 

ではでは。

 

なぜ僕は「10日で370万円」を稼げるビジネスを捨てたのか?「長く無理なく不安なく」稼ぎたい人のためのネットビジネスを無料公開!

ネットビジネスって、正直胡散臭いって思ってません?

僕は、そういう疑いを持ってる人の方がむしろ安全に成功しやすいと思ってます。

 

でも、ただ成功するだけでなく、

「その先の先まで長く稼ぎ続けること」

これが、めちゃくちゃ難しいことなんです。

 

だから、僕は伝えたい。

 

ネットビジネスの「自由」に憧れて稼ぎたい貴方に、忠告です。

僕も含め、たくさんの人がハマった「稼いでるのに地獄」……。

 

何のことか分からないなら、分からない方が良い。もしそれを経験してないなら、僕は一生経験すべきでないと忠告します。

 

ネット業界のありとあらゆる部分を見てきた僕が、最終的にたどりついた

「罪悪感も不安もストレスもなく稼げる、正しいネットビジネスノウハウ」

を徹底公開します。

 

~~内容~~

★ド初心者として、死に物狂いで情報発信ビジネスに取り組んだ1年間。370万を稼いだ結果、待っていたのは「どんどん不安と罪悪感が増す」地獄だった・・・

★「マインドを変えれば不安はなくなる」そう信じて300万以上コミュニティやスクールにぶちこんだ結果、僕が見てきた業界の真実とは・・・

★すべてがバカバカしくなり、情報発信者としての筆を折りかけた時、成果を出した僕のコンサル生が見出させてくれた「無理なく、不安なく稼ぐノウハウ」の答え

 

★僕のあらゆる立場からのネットビジネス経験、そのすべてを出し惜しみせずに「1日目」でがっつり解説する「初回・豪華三本立て」講座+特典多数

※1日目のみ「6時間で3通」のメールが届きますので、好きなペースで読んでね。

 

ネット業界について、世の中の発信者は極論だらけ。

●「情報発信は詐欺ばかりだからやるべきでない!」

●「どんな黒いことをしてでも稼ぐのが勝者!」

 

ネットを眺めていると、ネットビジネスを勧める者も叩く者も、上のような極論ばかりです。

公平な立場で僕ら後発者に「ネットビジネスの実像」を正しく教えてくれる人がいません。

 

でも、僕らに必要な情報とは、

「光も闇も知ったうえで、それでもネットビジネスの世界を歩んでいける知識」

のはずです。

 

このブログの管理人、「ザ・ニート神父」は、このネット業界にあってかなり数奇な経歴をたどっています。

  • 右も左も分からないド初心者(情弱)としての立場
  • 最悪感まみれな「情弱狩り」を強いられた立場
  • ネットビジネス成功者の立場と、挫折経験者の立場
  • スクールやコミュニティをさまよって300万溶かした立場
  • 自分の行動力や(黒さに耐える)精神力に限界を感じた立場

 

僕がこれまでしてきた経験とは、まさに希望も不安も入り混じったネットビジネス業界の「縮図」です。

 

恐らく、初心者に寄り添いつつも、稼ぐこともやっていかなければならない。そういう視点で「ネットビジネス業界」を本音で語ることができる人は、僕以外いないでしょう。

 

そんな僕が最終的に辿り着いた「本当に不安やメンタルの犠牲なく稼げるネットビジネス」を、あなたにシェアしたいと思います。

 

無料メルマガのより詳しい紹介は こちら

とりあえず気になったのであれば、登録して最初の3通だけでも読んでみてください。

いつでも各メールに設置されたリンクから解除は可能ですのでご安心くださいw

 

以下の簡易フォームからの登録も可能ですよ。

↓ ↓ ↓ ↓

10日で「370万」稼いだ仕組みを”捨てた”俺が語る、本音で語るネオニート副業論