「有名税だから我慢すべき!」は強盗の理論

康太です。

 

リアル・ネットを問わず、

多少なりとも名が知れ渡ってくれば

必ず直面する悩みが「アンチ」や

「荒らし」というものの存在。

 

中には、せっかく情報発信で成果を出しても

こうしたアンチや荒らしが増え過ぎて傷つき、

情報発信そのものをやめてしまう人も多いです。

 

最近では、有名人のSNSアカウントがあるきっかけで

「炎上」し、外野の人間からどんどん叩かれ、荒され、

「アカウント閉鎖」まで追い込まれている人も多いですね。

 

確かに、名が知れ渡ってくれば色んな人の目に

「あなた」という存在が映るわけですし、

あなたを好いてくれる人が100いるならば、

嫌う人・相性が悪い人も100いて当然です。

 

だから究極、あなたを「嫌う」人がいて、

あなたを激しく非難したりするのはある程度

割り切った方が良いとは思います。

 

・・・ですが、僕は

「気に入らなかったら何でもむやみやたら批判・荒らして相手を傷つける」

という今の人の「やり方」は好きではありません。

 

僕は「有名税」という言葉が嫌いだ

「荒らし」や「無意味な批判」を正当化する人がよく使う言葉。

 

それが「有名税」という言葉です。

 

ネットで有名人が自宅の窓を割られたり、

荒らしや脅迫を受けることは最近よくあります。

 

最近は、人気ブロガーのHagexさんが実際に

命を奪われるという事件も起こり、痛ましい限りです。

 

また、ネットに限らず、

リアルでもマスメディアが芸能人のプライベートに侵入して、

モラルのない取材をするような話はしょっちゅう聞きますよね。

 

むろん、こうした行動の「加害者」を

批判する人は勿論多いのですが、

逆に「被害者」に対して厳しい人もいます。

 

それが、

「有名税なんだからそのくらい我慢しろ」

「ネットやメディアに顔出して金稼いでいるなら当然だ」

という言葉となって出てくるわけですね。

 

・・・しかし、僕ははっきり言って

「有名税」という概念そのものがおかしいと思うし、

そんなものを甘んじて受ける義務なんかないと思っています。

 

「有名税」とか言ってる人の大半が、

自己正当化のためにこの論法を使ってるだけですからね。

 

「有名税」っていうなら、「税」に見合う何かを与えているのか

そもそも、「有名税」なんて税制は法律上も存在しないし、

事実としても「税」なんて名前で呼ぶのは間違いです。

 

「税」というのは、

正当なサービスや社会保障の対価として

支払う義務があるものであり、ちゃんとした

交換関係が成り立っているからこそ有効なものです。

 

しかし、

「有名税」といって、有名人のプライベートを荒らしたり、

エネルギーを下げる行為ばかりする人たちが、いつ、どこで

「有名人」に対して対価となるものを差し出したのでしょう?

 

代替となるサービスを差し出すどころか、

一方的にエネルギーを奪っているだけなのに

「税」という表現は果たしてどうなのでしょうか。

 

何を、「お役人」になった気分でいるんだよ!って話です。

 

むろん、最近の官公庁だって僕らに「税の正当な対価」を

与えてくれているとは100%言い切れるわけではありませんが、

少なくとも「ただ一方的に奪っているだけ」ではないからマシです。

 

生産性もなく、ただ相手から奪っているだけであれば、

それは「強盗」「ゆすり」「乞●」と表現すべきであり、

「税」なんて言葉で表現するのは美化しすぎだと思います。

 

国税局のお役人にでもなったつもりかよ、って話です。

 

そもそも、自己発信をすることの何が悪いのか???

また、「税」というのは、確かに「たばこ税」のような、

「一種の迷惑料」のような感じで課されるようなものもあります。

 

ですが、「有名税」をそういう「税」と考えるのも僕は違うと思います。

 

僕が思うのは、

「メディアやネット上で自己発信をすることの何が悪いのか」

「自己発信で稼ぐのは、税を払わなければならないようなことなのか?」

ということです。

 

そもそも、「有名税」を口にする人たちは、

あたかも、ネットやメディアで自己発信することを

「悪いこと」のように考えているようですが・・・

 

ネット上で自己発信をしたり、メディアに出て

情報発信をすることは「悪い」ことではないし、

むしろ「立派なこと」ではないでしょうか。

 

確かに、ネットやメディアでも少々トゲや毒のある

情報発信をして他者を傷つけてしまう人はいます。

 

ガセ情報で世間を混乱に陥れるような、

モラルのないマスコミや発信者・有名人も大勢います。

 

しかし、多くの人はネット上やメディア上で

情報発信を行い、人を楽しませたり知識を提供したり、

何かしら人に「価値提供」を行っているのです。

 

少なくとも、たばこ税のように、物理的に周囲に対し

健康被害をまき散らしているものではないはずです。

 

「個人的に腹が立って精神的苦痛を受けた」とか、

そういうことを”素”で言う人は知らないですが。

 

それはともかく、しっかり自分の意見として

公の場やネットで自己発信をしている人はむしろ

「尊敬」すらされても良いと僕は考えています。

 

それこそ、批判承知で自分の意見を言うのは

普通に「立派な行動」だと思うのですが。

 

それに、「人間」というのが

「知識をシェアし、受け継いで」進化してきた生物である以上、

「情報発信」「自己発信」というのはごく自然な行為だと僕は思います。

 

実際、それを通して何かしら「価値提供」をしているから、

「ギャラ」「対価」ももらっているわけですからね。

 

それとも、「有名税」は「所得税」の

一種とでも、屁理屈をこねるんでしょうかw?

 

まあ、何はともあれ、情報発信自体は

立派な価値提供ですし、本来は何ら「税」を

払わないといけないような後ろめたい行為ではないはず。

 

そこに、咎められたり、税金を払ったりする必要がどこにあるのでしょうか。

 

ただ「あいつは有名で実力もないくせに金を稼いでいてムカつく」

という嫉妬まがいの理由で「有名税」を肯定しているなら、

それは果たしてどうなんだろう、と僕は思ってしまいます。

 

匿名で言いたい放題人を傷つける人にこそ「税」を課すべきではないのか

そもそもの話を言うなら、

「インターネットをうさ晴らしや他人への攻撃に使っている」

「まして、他人を傷つけたり荒らすことに使っている」

彼らはどうなのでしょうか?

 

ストレートに言うなら、

「インターネットを最も無駄で非生産的なことに使っている匿名の人達」

にこそ、「税とやら」を課すべきではないのでしょうか。

 

まあ、僕の表現を用いるなら、

「●食」に課税するのはおかしいって話になるけれども。

 

でも、ただ「有名だから」という理由で、

人々に対して情報発信や価値提供をしている人達に

「税」なんてものを課すのはおかしいんじゃないでしょうか。

 

「有名税」なんて受け入れる必要はない。断固NOを突きつけていい!

そして、僕が是非、情報発信をしている人々に言いたいのが、

 

「有名税」なんてものは理屈としてもおかしいし

「仕方ない」なんて受け入れる必要もない。

 

だから、断固戦おう!ということです。

 

特に、今後ネットで自己開示や情報発信をし、

自分のプライベート・ビジネス問わず活用する

機会は増えていくでしょう。

 

だからこそ、特にネットでは

「多くの人に自分の情報を開示する」ということの

リスクや危険性がもう少し低くなればいいのにと思います。

 

まあ、

「ネットにモラルを求めるのはちゃんちゃらおかしい」

という声も聞こえそうですが、それは一面的な意見です。

 

確かに「匿名で言いたい放題言える」場所においては

モラルもへったくれもあったものじゃありません。

 

しかし、ネットに「モラル」が全く要らないかというと

そんなことはないし、むしろ世の中はそれを求める動きになっています。

 

Facebookは既に実名制であり、ツイッターや5chのように、

「匿名で言いたい放題言える」ような場所では無いところも増えています。

 

Googleも、今後は匿名ブログよりも

「誰が書いているか」がはっきりしている

媒体を重視していくことになると言われます。

(本名必須というわけではないです。ビジネスネームでもOK)

 

そんな「あなたが書いていることがモロバレ」な場所で、

「モラルの欠けた」言動を進んでする人は、まずいませんよね。

 

だから、ネットでも「モラルが求められる場所」はあるのだし、

モラルのない世界しか知らない人達のルールや内部規範に対して、

「合わせてあげる」必要なんてどこにもないはずですよね。

 

だから、「ネットだから何を言ってもOK」という発想の人は、

いずれ手痛いしっぺ返しを食らう可能性だってあります。

 

むろん、世の中には「発散」の場所は必要だとは思いますが、

それを他者を傷つけることに使い始めたらダメだろ、という話。

 

少なくとも、芸名やビジネスネームか、本名かは置いておいて、

ちゃんとネットやメディア上で「自己発信」をしている人は、

本来「荒らされる」いわれはどこにもないと思います。

 

むろん、好き嫌いや、本当に非難されるべき「悪い人」はいますよ。

 

メディアだって、常に正しいことを報道しているわけではないし、

確かに「こんな奴はテレビに出て欲しくない」という人もいます。

 

某宗教団体の長だって、一時はテレビ出演までしていましたからね。

 

でも、だからと言って「有名人はみんな有名税を払え!」

なんて理屈に繋げるのは、おかしいでしょうという話です。

 

こういうことは、僕ら発信者が泣き寝入りしてはいけません。

 

正当な権利として、「有名税なんて考え方はおかしい!」

ということを主張する人が増えなければ、今の風潮は恐らく

(少なくとも変化は遅れる)当分直らないでしょうから。

 

むろん、ネットやメディアで発信して、有名になる人は

それなりに自分の発信には責任を持たなければなりません。

 

ですが、「正しいこと以外発信するな」ということではなく、

「自分の思ったことを、間違っていれば正す責任を持てる前提で」

発信すればいいというだけです。

 

「地球は丸い!」という意見だけではなく、

「地球は平たい!」という意見もあったからこそ、

研究は進んだし、人類はより試行錯誤して賢くなったのです。

 

正しいとか、間違いとか、それを尺度にしてしまうと

議論も試行錯誤もできないようになってしまいます。

 

言論の自由にとっても、

人類の「教え合う」という本質にとっても、

「言論弾圧」は最もやってはいけない行為ですから。

 

以上、

  • 有名税という言葉は、そもそも理屈としておかしい、ただの嫉妬から生まれた言葉ではないか
  • そもそも、匿名でネットを荒らすような使い方をしている連中こそが税や罰を課されるべきでは?
  • よって、有名税なんて情報発信者を委縮させるだけだし、社会にとってもマイナスだから否定する

 

というのが、僕の「有名税は嫌い」という意見です。

 

ちなみに、僕はこういう面倒臭い人たちは

相手にしない方向性で、むしろ目にもしたくない性格です。

 

なので、以下のようなガチガチのアンチ対策を施していますw

ブログで荒らし・アンチに悩まない!ワードプレス完全アンチ対策マニュアル

 

是非、「有名税」というものに悩んできた方に

何かしらのきっかけを与えられれば幸いです^^

 

 

また、僕がどういうスタンスでブログをやってんのかとか、

どういうことして食ってる奴なのか興味があるって人は、

以下の記事もご覧下さいね~

とりあえず最初に読んで欲しい8記事+α

 

 

記事に関する感想・質問は大歓迎です!

 

あなたの温かい声をお待ちしております。

⇒「康太」へのお問い合わせや感想はこちら

 

ではでは。

なぜ僕は「10日で370万円」を稼げるビジネスを捨てたのか?「長く無理なく不安なく」稼ぎたい人のためのネットビジネスを無料公開!

ネットビジネスって、正直胡散臭いって思ってません?

僕は、そういう疑いを持ってる人の方がむしろ安全に成功しやすいと思ってます。

 

でも、ただ成功するだけでなく、

「その先の先まで長く稼ぎ続けること」

これが、めちゃくちゃ難しいことなんです。

 

だから、僕は伝えたい。

 

ネットビジネスの「自由」に憧れて稼ぎたい貴方に、忠告です。

僕も含め、たくさんの人がハマった「稼いでるのに地獄」……。

 

何のことか分からないなら、分からない方が良い。もしそれを経験してないなら、僕は一生経験すべきでないと忠告します。

 

ネット業界のありとあらゆる部分を見てきた僕が、最終的にたどりついた

「罪悪感も不安もストレスもなく稼げる、正しいネットビジネスノウハウ」

を徹底公開します。

 

~~内容~~

★ド初心者として、死に物狂いで情報発信ビジネスに取り組んだ1年間。370万を稼いだ結果、待っていたのは「どんどん不安と罪悪感が増す」地獄だった・・・

★「マインドを変えれば不安はなくなる」そう信じて300万以上コミュニティやスクールにぶちこんだ結果、僕が見てきた業界の真実とは・・・

★すべてがバカバカしくなり、情報発信者としての筆を折りかけた時、成果を出した僕のコンサル生が見出させてくれた「無理なく、不安なく稼ぐノウハウ」の答え

 

★僕のあらゆる立場からのネットビジネス経験、そのすべてを出し惜しみせずに「1日目」でがっつり解説する「初回・豪華三本立て」講座+特典多数

※1日目のみ「6時間で3通」のメールが届きますので、好きなペースで読んでね。

 

ネット業界について、世の中の発信者は極論だらけ。

●「情報発信は詐欺ばかりだからやるべきでない!」

●「どんな黒いことをしてでも稼ぐのが勝者!」

 

ネットを眺めていると、ネットビジネスを勧める者も叩く者も、上のような極論ばかりです。

公平な立場で僕ら後発者に「ネットビジネスの実像」を正しく教えてくれる人がいません。

 

でも、僕らに必要な情報とは、

「光も闇も知ったうえで、それでもネットビジネスの世界を歩んでいける知識」

のはずです。

 

このブログの管理人、「ザ・ニート神父」は、このネット業界にあってかなり数奇な経歴をたどっています。

  • 右も左も分からないド初心者(情弱)としての立場
  • 最悪感まみれな「情弱狩り」を強いられた立場
  • ネットビジネス成功者の立場と、挫折経験者の立場
  • スクールやコミュニティをさまよって300万溶かした立場
  • 自分の行動力や(黒さに耐える)精神力に限界を感じた立場

 

僕がこれまでしてきた経験とは、まさに希望も不安も入り混じったネットビジネス業界の「縮図」です。

 

恐らく、初心者に寄り添いつつも、稼ぐこともやっていかなければならない。そういう視点で「ネットビジネス業界」を本音で語ることができる人は、僕以外いないでしょう。

 

そんな僕が最終的に辿り着いた「本当に不安やメンタルの犠牲なく稼げるネットビジネス」を、あなたにシェアしたいと思います。

 

無料メルマガのより詳しい紹介は こちら

とりあえず気になったのであれば、登録して最初の3通だけでも読んでみてください。

いつでも各メールに設置されたリンクから解除は可能ですのでご安心くださいw

 

以下の簡易フォームからの登録も可能ですよ。

↓ ↓ ↓ ↓

10日で「370万」稼いだ仕組みを”捨てた”俺が語る、本音で語るネオニート副業論